Custom Field Template

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

このプラグインは、カスタムフィールドの機能を拡張します。

 

 

カスタムフィールドテンプレートプラグインは書き込みポスト/ページ上のデフォルトのカスタムフィールドを追加します。 custom_field_guiプラグイン:テンプレート形式は、rcの1とほぼ同じである。違いは以下の通りです。

 

 

  • カスタムフィールドテンプレートの任意の数を設定し、投稿/ページ/書き込み編集テンプレートを切り替えることができます。

 

 

  • このプラグインは、テンプレート用のiniファイルを使用しますが、プラグインのオプションページで、それを設定することはありません。

 

 

  • テキストエリアにTinyMCEのためのサポート。

 

 

  • テキストエリア内のメディアボタンのサポート。 – 少なくとも2.5が必要です。

 

 

  • 同じキーを持つ複数のフィールドをサポートしています。

 

 

  • hideKeyとラベルのオプションをサポートしています。

 

 

  • あなたはプラグインの設定ページで、完全なオプションリストを見ることができます。

 

 

  • あなたは、CSSを使用したカスタムフィールドテンプレートのデザインをカスタマイズすることができます。

 

 

  • は、ラベル、カスタムフィールドのキーを交換することができます。

 

 

  • あなたはwpautop機能を使用することができます。

 

 

  • ユーザが値を設定するために、PHPのコードを使用することができます。 (実験、コード= 0)

 

 

  • あなたは、各フィールドに、アクセスユーザーレベルを設定することができます。 (レベル= 1)

 

 

  • タグを自動的にカスタムフィールドの値を挿入するためのSupprt。 (insertTag = TRUE)

 

 

  • カスタムフィールドテンプレートを表示するには、[CFT]ショートコードを追加します。 (出力= trueを持つ属性のみを示している)

 

 

  • テンプレート命令のセクションを追加します。

 

 

  • 値は見ての値と全然違うとされる場合の値ラベルのオプションを追加します。 (##valueLabelは=りんごみかんバナナ)

 

 

  • 空白のオプションを追加します。 (空白= TRUE)

 

 

  • 休憩タイプを追加します。 ‘#CFT div’のCSSを設定します。 (タイプ=ブレーク)

 

 

  • [CFT]ショートコードの書式を追加します。

 

 

  • sortオプションを追加します。 (並べ替え=昇順、降順ソート=、ソート=順序)

 

 

  • カスタムフィールドのクイック編集をサポートしています。 (TinyMCEとmediaButtonはまだサポートされていない)

 

 

  • カスタムフィールド検索をサポートします。 (のみ検索= trueを持つ属性を示しています。)

 

 

  • []ではショートコードの書式を追加します。 (開発中)

 

 

  • 出力値用のPHPコードを追加します。 (= 0 outputCode)

 

 

  • 値を保存する前にPHPのコードを追加します。 (= 0 editCode)

 

 

  • セーブ機能が追加されています。

 

 

  • classオプションを追加します。 (クラス=テキスト)

 

 

  • the_content()の自動フックが追加されます。 (実験的)

 

 

  • あなたは、テキストエリアのHTMLエディタを使用することができます。 (htmlEditor = TRUE)

 

 

  • ボックスのタイトル·置換オプションを追加します。

 

 

  • ポストタイプの選択オプションを追加します。

 

 

  • countの値オプションを追加します。

 

 

  • widhetにショートコードを使用するオプションが追加されています。

 

 

  • JavaScriptのイベントハンドラの属性を追加します。 (onclickの=のalert( ‘OK’);)

 

 

  • [Initialize]ボタンを追加します。

 

 

  • 前後のテキストの属性を追加します。 (=何とか、後=何とか前)

 

 

  • エクスポートおよびインポート機能が追加されています。

 

 

  • style属性を追加します。 (スタイル=色:#FF0000 😉

 

 

  • maxlength属性を追加します。 (最大長= 10)

 

 

  • 複数のフィールドの属性を追加します。 (複数= trueの場合、STARTNUM = 5、endNum = 10、multipleButton = TRUE)

 

 

  • テキスト型の日付ピッカーの属性を追加します。 (日付= trueの場合、dateFirstDayOfWeek = 0は、DateFormat = YYYY / MM / DD)

 

 

  • ページテンプレートのファイル名(ありがとう、ジョエルPittet)のフィルタを追加します。

 

 

  • ショートフィルタリングされた値を出力するために、ショートコードの属性を追加します。 (ショート= TRUE)

 

 

  • outputNoneの属性が出力にデータが存在しない場合には追加されています。 (outputNoneは=データなし)

 

 

  • 値が単一である場合<UL> <LI>で出力するためにsingleList属性の属性を追加します。例)singleList =真

 

 

  • ファイルのアップロード·タイプを追加します。 (タイプ=ファイル)

 

 

  • fieldset要素型を追加します。 (タイプ= fieldset_open、タイプ= fieldset_close)

 

 

  • 各テンプレートでボックスを配置するオプションを追加します。

 

 

ローカライゼーション

 

 

  • ベラルーシ(by_BY) – Marcis Gasuns

 

 

  • カタロニア語(ca) – アンドリューLlos

 

 

  • チェコ語(cs_CZ) – ヤクブ

 

 

  • ドイツ語(de_DEに) – F Jカイザー

 

 

  • スペイン語(es_ESの) – ダリオ·フェレール

 

 

  • (フランス語はfr_FR) – ニコラ·ルモワン

 

 

  • ハンガリー語(hu_HU) – バラージュコバックス

 

 

  • インドネシア語(id_ID) – Masino Sinaga

 

 

  • イタリア語(it_IT) – ジャンニDiurno

 

 

  • 日本語(ja) – 宮下裕章

 

 

  • オランダ語(nl_NL) – ルネ

 

 

  • ポーランド語(pl_PL) – Difreo

 

 

  • ブラジル·ポルトガル語(pt_BR) – Cacianoガブリエル

 

 

  • ロシア語(ru_RU) – Sonika

 

 

  • スウェーデン語(sv_SE) – ポントスカールソン

 

 

  • トルコ語(tr_TR) – オメルファールーク

 

 

  • ウクライナ(uk_UA) – アンドリューコワリョフ

 

 

  • ウズベク語(uz_UZ) – アレクサンドラBolshova

 

 

  • 中国語(zh_CN) – hurri朱 

 

 

あなたはあなたの言語に翻訳されている場合、私に知らせてください。

インストール

 

 

  • wp-content/pluginsディレクトリにカスタムフィールドテンプレートのディレクトリをコピーします

 

 

  • WordPressのプラグインメニューからプラグインを有効に

 

 

  • 設定のオプションを編集>カスタムフィールドテンプレート

 

 

  • それはそれです! 🙂

 

 

Related post