PHPでメールを送るときの注意点

投稿日: カテゴリー: 未分類

PHPでメールを送る場合、メールサーバーを使用する時とは違った問題が発生する。たとえば、文字コードの問題。送信したメールが文字化けしている事が多々あります。その他にも、DNSの設定によっては送信できない場合がある。使用しているレンタルサーバーの相性もある。

 

まず、使用する関数は?

mail関数

 単純にメールを送信する。文字コードのなどの設定は出来ないので、文字化けする可能性があります。

mb_send_mail関数

 エンコード変換を行ってメールを送信する。mb(マルチバイト)でメールを送ることができる関数です。

 

文字化けに注意

もし送信した文章が文字化けする場合は、送信関数の前に下の処理を入れてみてください。

//カレントの言語を日本語に設定する
mb_language("ja");
// 内部文字エンコードを設定する
mb_internal_encoding("UTF-8");

 

日本語でのメール送信は文字化けがつきものですので、注意しましょう。

また、サーバーやプロバイダによっては、一日に送信できるメール件数が決まっている場合があります。そういった場合は、メルマガ配信サービスなどを使用することをおすすめします。